アブダクションの例

For English

研究内容のページへ
平田のホームページへ


アブダクションの推論規則

  1. 驚くべき事実 C が観測された.(C)
  2. もし A が真ならば, C が成り立つのは当然だ. (A->C)
  3. ゆえに, A が真であると考える理由がある. (A)
上の A と C に当てはまるものとして, 次のような例がアブダクションの解説書 に挙げられている.

C: 「これらの豆は白い」
A: 「これらの豆はこの袋から取り出された」

C: 「真夜中に女性の悲鳴が聞こえた」
A: 「彼女が襲われていると思った」

C: 「山の中から貝の化石が見つかった」
A: 「そこは昔海だったに違いない」

C: 「ナポレオン・ボナパルトと呼ばれる皇帝の数多くの記念品や遺跡」
A: 「ナポレオン・ボナパルトは確かに存在した」

C: 「化石に残っている生物の進化の跡」
A: 「生物の自然淘汰の理論」


科学史におけるアブダクションの例 (日本語のみ)

アブダクションによる推論は間違いを含む可能性がある.
科学史におけるアブダクションは, しばしば間違った考えを導いている.
しかし, 当時としては大真面目な説だったに違いない.

シュタール(G.E.Stahl)のプロギストン(燃素)説…17世紀初頭

  1. 物を燃やすと軽くなる(C)
  2. プロギストン(燃素)が物体から遊離すれば軽くなる(A->C)
  3. 燃焼はプロギストンが物体から遊離することである(A)

ケプラー(J.Kepler)の第一法則…17世紀初頭
  1. ティコ・ブラーエによる惑星の観測事実(C)
  2. もし惑星の軌道が楕円ならばそれを説明できる(A->C)
  3. 惑星の軌道は楕円である(A)

レーマー(O.Roemer)による光の速さの測定…18世紀初頭
  1. 木星の衛星の観測結果とニュートン力学との予測値のずれ(C)
  2. 光が木星を出て地球に達するまである程度時間がかかるならばこのずれが生じる(A->C)
    (観測の瞬間における衛星の本当の位置が見えるのではなく,
    光が地球に到達するまでに使った時間だけ以前の位置が見える)
  3. 光は瞬間的に伝播することはない(A)

ルンフォード(G.von Rumford)の実験(熱の物質説の否定)…18世紀末
  1. 外部と熱的に遮断された金属棒を摩擦を加え続けると熱がでる(C)
  2. もし熱が「運動」であるならば摩擦を加え続けると熱がでるのは当然だ(A->C)
  3. 熱は「運動」である(A)

ヤング(T.Young)の実験(光の干渉と波動説)…19世紀初頭
  1. 光は干渉する(C)
  2. もし光が波であれば干渉する(A->C)
  3. 光は波である(A)
    (光が粒子だとすると干渉を説明できない)

ルヴェリエ(U.J.J.Leverrier)による海王星の存在の予言…19世紀
  1. 天王星の不規則な運動(C)
  2. もし天王星の外の軌道にもう一つ惑星があるならばこの不規則な運動 は説明できる(A->C)
  3. 天王星の外の軌道にもう一つ惑星がある(A)

フーコー(L.Foucault)の実験(光の波動説)…19世紀中頃
  1. 光の速度は空気中での方が水中でよりも大きい(C)
  2. もし光が波であれば光の速度が空気中での方が水中よりも大きい(A->C)
  3. 光は波である(A)

マイケルソン・モーレー(Michelson・Morley)の実験…19世紀末
  1. 光の速さは地球の運動の方向には全く関係がない(C)
  2. もし静止エーテルが存在しなければ光の速さが地球の運動の方向と 関係がないのは当然だ(A->C)
  3. 静止エーテルは存在しない(A)
ウェーゲナー(Wegener)の大陸移動説…20世紀初頭
  1. アフリカ大陸と南アメリカ大陸の大西洋沿岸の海岸線が似ている(C)
  2. もし昔南アフリカ大陸とアフリカ大陸が一つで分離したのならば 海岸線が似ているのも当然だ(A->C)
  3. 昔一つだったアフリカ大陸と南アメリカ大陸が分離した(A)

アインシュタイン(A.Einstein)による光の粒子説…20世紀初頭
  1. 光電効果(C)
  2. もし光が粒子であれば光電効果をうまく説明できる(A->C)
  3. 光は粒子である(A)
    (もし光が波であるならば,光電効果の波長の大小と電子の飛び出し方の増減が説明できない)

エディントン(A.S.Eddington)隊による光の湾曲の観測…20世紀初頭
  1. 太陽の近傍の重力場におけるある角度での光の湾曲が観測された(C)
  2. もし一般相対性理論が正しければ光の湾曲が観測できる(A->C)
  3. 一般相対性理論(A)
    *この例は一般相対性理論の検証という意味合いの方が強い